株式会社アジア・コンテンツ・センター

映像制作 Project

360度ビジネス展開
~コンテンツ制作と流通の最先端スキームを開拓します~

 

 多種多様なメディアの需要に応えられるように、コンテンツの360度マルチ展開を積極的・計画的に進めていきます。

 ACCは権利所有を原則としています。
多角展開による収益を上げることを経営方針とし、そのための企画開発、スキーム構築、を行っています。

 

accmain

 

アジアを代表する総合エンターテインメント企業へ
~日本とアジア、そして世界をつなぐコンテンツ発信基地です~

 

 ACCに参加するスタッフは、国内ではNHKおよび主要民放、海外では韓国の各放送局、中国のCCTV(中央電視台)をはじめとする放送局と、極めて太いパイプを持っています。

●太い日本国内のパイプ
国内テレビ・音楽市場で第一線を経験している。

●高い企画開発・制作能力
NHKおよび主要民放で大型共同制作の経験者が在籍している。

●確かな韓国、中国との信用・人脈
日中韓多様な人材の配置をし、海外との円滑なコミュニケーションを可能にしている。
そのネットワークを通じて、コンテンツの共同制作から展開までのスムーズな流れを形成できます。

 

国際共同制作が核
~国内最大級の「放送文化に貢献する制作ファンド」を形成、管理、運用します~

 

 国内最大級の「テレビ番組制作ファンド」の立ち上げを目指し、ACCは2011年6月10日に韓国のメディア関連企業などと共同で、韓国ドラマ制作を中心としたコンテンツ事業を支援するファンドを組成しました。

「日本とアジアの放送文化の発展に貢献する」というACCの設立趣意に賛同するパートナー企業であるTBSテレビやポニーキャニオン、SMエンターテインメントなどで構成されています。
韓流ドラマの制作に企画段階から関わることで、日本の視聴者のニーズに合ったコンテンツ開拓を目的としています。

 

映像制作の実績一例はこちら